FC2ブログ

5月13日の記事
介護保険による住宅改修費の支給の続きです。

要介護・要支援認定を受けた方は、介護保険で住宅改修費の支給を
受ける事が、出来ます。

利用する場合、市に事前申請を行い、確認を受けてから改修を行う
事になります。
改修完了後、いったん費用の全額をお支払いいただき、改修後の
申請 をする事により20万円を限度額として改修費の9割が支給
されます。 (20万円の工事ならば負担は2万円になります。)

対象となる改修は、
① 廊下や階段、浴室やトイレなどの手すりの取付

② 段差の解消(敷居を低くする事、スロープを設置する工事、浴室
  の床 のかさ上げなど)         

③ 滑りの防止、移動の円滑化等の床材の変更

④ 引き戸などへの扉の取り替え

⑤ 和式便器から洋式便器への取り替え

⑥ ①~⑤の工事のために必要な工事

 があります。

また、この制度のいい所は、20万円の枠内であれば、何度でも
使える事です。

 

スポンサーサイト